胸が裂けて瀕死のロバが治療を受けて回復していく様子

感動的, 優しい

インドでのお話。
肋骨が剥き出しになるほどに胸が裂けてしまっているロバが、路上を彷徨っているところを見つけられました。
そのロバは即座に病院に運ばれ、それから6週間、毎日適切な治療を受けることができ、遂には回復に至ります。

さて、当該のロバがどんなロバかというと。

こんなロバ。
胸が裂けてしまったロバ

なんだよ普通じゃないか。重傷っぽく見えないぞ。
と思いますが……。
下から覗き込むと、ちょっと閲覧注意な状態。

準備が整ったら下にスクロール。
整わなかったら別の記事にいきましょう。



ヒエッ!
裂けたロバの胸

何がどうなってこんな大怪我をしてしまったんだ……。
ともあれすぐに治療をしてあげなくてはなりません。

運搬のトラックに乗せてもらうロバ。「知らない人にはついていくなとお母さんに言われているけれど、肋骨出てるしもうどうなってもいいや」みたいな表情。
胸が裂けてしまったロバ

明るくて安全な場所で横たわるロバ。しかしひどい傷。復活できるのでしょうか。
治療を受けるロバ

とりあえず傷口のまわりをキレイキレイ。
治療を受けるロバ

注射器に見えますが、薬(消毒液?)をかけてもらっているのです。
治療を受けるロバ

詰め物を入れてもらって、
治療を受けるロバ

包帯まで巻いてもらうの図。
治療を受けるロバ

動画でご覧いただきましょう。

Donkey with chest slashed open rescued

youtube

それにしても、どうなることかと思いましたが、

治ったよ!
元気になったロバ

怪我は人為的なものでしょうか。それならそれでひどい話ですが、助けてくれたのもまた人で、なんとも言えない話。
事故なら事故で運がなかったと言えるでしょうが、ここまで治療してくれる人に見つけてもらえたのなら、幸運だったと言えるのかもしれず。

とにかく、自分で食事ができるほどまでに回復できて良かったね。

ロバ「草うめええ」
草を食べるロバ