白鳥が人間を抱きしめるとこうなる

感動的, 珍しい

白鳥というのは印象と違って凶暴な鳥なのですが、人間に対して深い愛情を示す白鳥さんがいるということで。

ある白鳥が、飛んでいる時にフェンスにぶつかって、大怪我をしてしまいます。
そんな白鳥を献身的に介護し、根気強くリハビリに付き合ったのがリチャードさん。
そのうち、リチャードさんと白鳥の間には、何がしかの絆が生まれていきます。

そしていつかその白鳥はリハビリを終えて回復すると、動物保護のチャリティー団体に引き取られることが決まりました。
リチャードさんはその移送の時、白鳥が不安がらないよう、付き添ってあげることにしたのですが。
その時のことでした。
どういうわけか、白鳥がその首を、リチャードさんに絡めていくではありませんか。
その姿はまるで、感謝の意を表すために、リチャードさんを抱きしめているかのように見えるのです。

白鳥「ありがとう」
男性を抱きしめる白鳥
credit

白鳥「感謝してもしきれません」
男性を抱きしめる白鳥
credit

救助の時は、こちらの女性が手伝ってくれたそうです。

白鳥「あなたにもお礼を言っておかなくっちゃ」
女性にもお礼を言う白鳥
credit

リチャード氏「相互の信頼を感じるのは本当に素晴らしい気分です」
男性と抱き合う白鳥
credit

どーん。
男性と白鳥
credit

なんという関係。
凶暴な白鳥さんとも、こんなに良い関係が築けるんですね。

最後のは若干、志村けんみたいになってますが。