筋肉ムキムキのカンガルーさん、老年になってもご健在なご様子

感動的, 不思議, 珍しいカンガルー

日本でも有名な筋肉ムキムキのカンガルー、ロジャー。
身長2メートル体重90キロの驚異的なボディーの持ち主で、一度は目にしたことがある、という方も多いのではないでしょうか。

フンッ
筋肉ムキムキのカンガルー

ホァッ
筋肉ムキムキのカンガルー

ハッケヨーイ
相撲をとるカンガルー

ベコッ
バケツを潰すカンガルー

ラブリー
ぬいぐるみを抱くカンガルー

しかしなぜ、こんなにムキムキになってしまったのか。

原因はこの人、クリス・ブロルガ・バーンズ氏。
クリス・ブロルガ・バーンズさんとカンガルーの子供facebook.com

元々は動物園で鳥の飼育員をしていたバーンズさんですが、ある日、母を交通事故で亡くして孤児となってしまったカンガルーを担当することになりました。

その時のカンガルー、ジョシー・ジョーちゃん。
カンガルーの子供facebook.com

これがきっかけで、カンガルーの保護者となることに目覚めたバーンズさんは、カンガルー・サンクチュアリなる施設を設立するまでになります。
そして、孤児となったカンガルーのために募金活動を始めると、遂には世界中から募金が殺到するようになったということです。

ヨチヨチ
クリス・ブロルガ・バーンズさんとカンガルーの子供
facebook.com

チュパチュパ
ミルクを飲むカンガルーの子供
facebook.com

ブラーン
袋に入るカンガルーの子供
facebook.com

スヤァ
仰向けに眠るカンガルーの子供
facebook.com

チウ
人間の赤ちゃんとカンガルーの子供
facebook.com

前述のロジャーは、そのカンガルー・サンクチュアリに保護されたカンガルー。
なぜかロジャーは、バーンズさんと追いかけっこをしたり、ボクシングをしたり、ブリキのバケツを壊したりして、丹下段平と矢吹丈のような関係になり、強靭な肉体を手に入れました。

そして時は経ち……。
彼が保護されたのは2006年頃。彼はアカカンガルーで、アカカンガルーの寿命は12〜18年ということですから、既に結構な年齢です。

そんな彼の、2016年1月9日頃の動画。

 

View this post on Instagram

 

The Kangaroo Sanctuaryさん(@thekangaroosanctuary)がシェアした投稿

そんな彼の、2016年1月16日頃の動画。

 

View this post on Instagram

 

The Kangaroo Sanctuaryさん(@thekangaroosanctuary)がシェアした投稿

そして今年(2018年)の、10月18日頃の動画。

 

View this post on Instagram

 

Wildanimalliveさん(@wildanimallive)がシェアした投稿

人間でいえば、60〜70歳くらい?
相変わらずで安心しましたが、年齢も鑑みると、やはり尋常じゃない肉体なのでした。

ひと仕事終えたぜ、みたいなロジャー。かっこいい。
カンガルーのロジャー

追記:ロジャー、永眠(12月7日)。
以上のような記事を上げてから、1ヶ月も経たないうちに、ロジャーの訃報が届くという。サンキューロジャー、フォーエバーロジャー。君の筋肉は忘れない。合掌。